Loading...LOADING

おすすめ漫画をジャンルとキーワードでドンドン探す!

日本文化が解るストーリー漫画で広く深く学べて教養力UPな9点

日本文化・伝統芸能を漫画で楽しんで教養力UP!日本文化漫画で注目作品を探せる!巻数別、ジャンル別、新着順、を簡単に絞り込み!日本文化・伝統芸能漫画の登場人物は色々なものとの戦いが待っている。日本古来の文化を文化として、伝統を伝統として伝えるだけではいけない。現代でも伝統が生き残れるように少しだけアレンジを加えないといけないのだ。だが、ここでまた一つ問題が起こる。先人は伝統を書き換えるのを許さない。ここで対立が生まれるのも伝統芸能漫画の見所の一つである。後世まで何かを残していくというのはとても労力の要る作業だ。軋轢を乗り越えて登場人物がどうやって伝統を引き継いでいくのか注目して欲しい。関連漫画・動画・映画・グッズも紹介!もっと色々なキーワードから漫画を探そう!最近評判、注目の漫画をじっくり味わう♪その他漫画ベスト注目順!『ちはやふる』-末次由紀、『ましろのおと』-羅川真里茂、『昭和元禄落語心中』-雲田はるこ、『イシュタルの娘~小野於通伝~』-大和和紀、『ぴんとこな』-嶋木あこ、『ナナマル サンバツ』-杉基 イクラ、『國崎出雲の事情』-ひらかわあや、『月影ベイベ』-小玉ユキ、『どうらく息子』-尾瀬あきら、他9作品を紹介!

日本文化漫画の最近発売された新着漫画3点

広告

日本文化と伝統芸能を面白い漫画で楽しく、広く、深く学べて教養力UP!な9点

恋が始まるまでの巻数は長い!(笑)でも、それぞれの想いが熱く交差していく瞬間がせつない‐‐ 第1位‐‐ちはやふる

まだ“情熱”って言葉さえ知らない、小学校6年生の千早(ちはや)。そんな彼女が出会ったのは、福井からやってきた転校生・新(あらた)。おとなしくて無口な新だったが、彼には意外な特技があった。それは、小倉百人一首競技かるた。千早は、誰よりも速く誰よりも夢中に札を払う新の姿に衝撃を受ける。しかし、そんな新を釘付けにしたのは千早のずば抜けた「才能」だった……。まぶしいほどに一途な思いが交差する青春ストーリー、いよいよ開幕!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『ちはやふる』がランクインしているページ=部活漫画特集の注目タイトルもっと見る

『ちはやふる』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

第2位‐‐ましろのおと

津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。――「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『ましろのおと』がランクインしているページ=青年漫画ランキング特集の注目タイトルもっと見る

『ましろのおと』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第3位‐‐昭和元禄落語心中

満期で出所の模範囚。だれが呼んだか名は与太郎(よたろう)。娑婆に放たれ向かった先は、人生うずまく町の寄席。昭和最後の大名人・八雲(やくも)がムショで演った「死神」が忘れられず、生きる道は噺家と心に決めておりました。弟子など取らぬ八雲師匠。惚れて泣きつく与太郎やいかに……!? 昭和元禄落語心中・与太郎放浪篇、いざ幕開け!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『昭和元禄落語心中』がランクインしているページ=神漫画特集の注目タイトルもっと見る

『昭和元禄落語心中』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

第4位‐‐イシュタルの娘~小野於通伝~

「うわさにたがわぬおもしろき娘よ」と信長にも愛された娘・小野於通(おの・おつう)。於通を知らずして戦国は語れない!! 大和和紀が初にして待望の戦国ロマンのヒロインに抜擢したのは、小野於通――!! その輝きはあたかも戦国の闇を夜明けに導く明けの明星――信長に見出され、秀吉に重用され、家康に信頼された才女、小野於通。その知られざる生涯を大和和紀が描く本格戦国ロマン!!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング2位。全体で165位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は8位。総合759位

『イシュタルの娘~小野於通伝~』がランクインしているページ=大和和紀特集の注目タイトルもっと見る

『イシュタルの娘~小野於通伝~』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第5位‐‐ぴんとこな

家柄が重んじられる歌舞伎界において、名門の御曹司として生まれたにも関わらず、実力のない恭之助(きょうのすけ)。歌舞伎とは無縁の家に生まれながら、実力のみで最底辺から成り上がろうとする一弥(いちや)。正反対の2人の男が、なんの因果か同じ女の子・あやめに恋をしたのが物語の始まり。歌舞伎を愛するあやめに好かれたい恭之助は、コネなんていらないから実力が欲しいと悔し涙を流す。あやめの目の前で主役を張りたい一弥は、名門の養子になろうと…

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

  • 古典芸能界のしきたりやしがらみを上手く生かしたストーリーは凄…

    歌舞伎の名門の生まれの恭之助(きょうのすけ)は、人気はあってもやる気ゼロ。 観客はつい恭之助を目で追ってしまうという華を持っているけれど、悲しいかな実力はなく大根役者。 女の子にもそこそこモテるので…

  • もう手放せない!このクセのある楽面白さ抜… BEST5
  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング8位。全体で1153位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は7位。総合675位

『ぴんとこな』がランクインしているページ=ShoComiラブコメ特集の注目タイトルもっと見る

『ぴんとこな』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

第6位‐‐ナナマル サンバツ

入学早々、高校1年生の越山識が勧誘されたのは、怪しげな先輩が会長を務める「クイズ研究会」だった! 同級生の真理に引っ張られ、識が出会った競技クイズのめくるめく世界とは!? 熱血競技クイズ漫画登場!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

  • 11月12月発売の新刊 BEST5
  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング9位。全体で1262位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は9位。総合820位

『ナナマル サンバツ』がランクインしているページ=杉基イクラ特集の注目タイトルもっと見る

『ナナマル サンバツ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第7位‐‐國崎出雲の事情

歌舞伎一家の出身・國崎出雲は絶世の美貌から、男たちに狙われる事あまた。ある日、母が長旅に出て、出雲は離れていた父をやむなく頼る…が、男の中の男を目指す出雲を待っていたのは歌舞伎役者、しかも女の中の女“女形”としての困惑の日々!女形少年歌舞伎奮闘記!!!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

  • 歌舞伎の世界で萌えもBLも!

    歌舞伎役者の世界が舞台。 作者が歌舞伎の発祥地である出雲出身であることにも興味を惹かれて読んでみた。 萌え絵で「男の娘」要素も取り入れていて、ボーイズラブ的な展開もありと、面白いけれども少年誌掲載の…

  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング10位。全体で1457位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は10位。総合843位

『國崎出雲の事情』がランクインしているページ=サンデーラブコメ特集の注目タイトルもっと見る

『國崎出雲の事情』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

この作家ならではの情緒と青春を瑞々しく描かれた作品‐‐ 第8位‐‐月影ベイベ

東京から転入してきた蛍子(ほたるこ)は、町の伝統「おわら」を踊れるが人前では緊張して踊れなくなってしまう。そんな蛍子にひかれる地元の高校生、光(ひかる)。どうやら、光の叔父と蛍子は昔からの知り合いらしいが、2人は何も語らない。
小さな町に吹き込む、謎と秘密の風。
(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 青春と伝統芸能の合わせ技が、未体験の読後感を生む

    「坂道のアポロン」の小玉ユキ最新作ということで手に取った。 舞台は富山県富山市八尾町。その伝統芸能“おわら”が実に魅力的。 登場するのは“おわら好き”な男子高生と、東京からの転校生なのになぜか完璧に“お…

  • この恋愛漫画でヤキモキ、ソワソワ、でも素… BEST5
  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング12位。全体で1556位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は11位。総合896位

『月影ベイベ』がランクインしているページ=少女漫画名言特集の注目タイトルもっと見る

『月影ベイベ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第9位‐‐どうらく息子

『夏子の酒』『蔵人-クロード-』など、日本酒を扱った漫画作品を描き続けた尾瀬あきらが、新境地にチャレンジした意欲作です。「寿限無」など子供でもおなじみの楽しい噺から、「子別れ」「文七元結(ぶんしちもっとい)」など人情噺も落語を知っていても、知らなくても楽しめる内容となっています。この作品の生命線・落語の監修についているのは、落語愛好家にはもうおなじみ、柳家三三師匠です。当代きっての名人・柳家小三治師匠の弟子として修業を積み真打となり、落語界トップクラスの評価をされている実力者です。落語家の世界では30歳代はまだまだ若手なのですが、柳家三三師匠は人気・実力ともに「今おもしろい落語家」としてもっとも注目を集めている次代のホープです。落語って何?古臭い江戸時代の話でしょ?という方でも落語の世界に引き込むコミックです。もちろん落語好きの方も、数十人の現役噺家から取材した修業逸話が随所にちりばめられているから楽しめます。「平成の落語ブーム」として注目度抜群の落語の世界を『どうらく息子』から覗いてみてください。(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

  • 落語の魅力満載で、寄席に行きたくなる!

    古めかしい世界のようで、「笑点」を始めドラマ「タイガー&ドラゴン」、「ちりとてちん」など、意外とテレビなどで見る機会が多い落語界。 封建的なイメージが強いけれども、そこに生きる人たちの姿がしっかりと描…

  • この作品は日本文化漫画の読みたいランキング11位。全体で1552位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は12位。総合944位

『どうらく息子』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『どうらく息子』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

面白い漫画もっと見る
日本文化をジャンル別、完結済、巻数、電子書籍で絞り込む ↑

もっと読みたい!日本文化の関連記事一覧

広告

漫画好きに人気!タブレット比較情報

口コミ漫画カテゴリ75から探す

もっと見る 閉じる

コメントを投稿する

コメントを投稿する