Loading...LOADING

おすすめ漫画をジャンルとキーワードでドンドン探す!

野球漫画のおすすめランキング最新10の人気作品

野球漫画の面白い注目作品を探せる!完結済、巻数別、ジャンル別、新着順、を簡単に絞り込み!関連漫画・動画・映画・グッズも紹介!野球漫画に熱くない作品など一つも存在しない。どれだけ熱くなれるかは一つの見所と言ってもいい。他のスポーツを題材にした漫画なら技術論や戦術論を語ってもいいだろう。当然心理面からの練習アプローチで大ヒットした野球漫画がある。 だがその作品も含めて、野球漫画では何よりも熱い人間ドラマ・登場人物に注目をして欲しい。野球というスポーツを通した人間という観点から楽しんで欲しい。野球に携わっている全ての方に読んでもらいたいのは言うまでもないが、人間ドラマが好きだという人にぜひとも親しんでもらいたい。登場人物の熱に、実生活にも活かせる何かを学んで人生の糧にしてくれれば嬉しいことこの上ない。

野球漫画の最近発売された新着漫画3点

広告

第1特集-高校野球特集-高校野球漫画のおすすめランキング最新148の人気作品からこの作品に注目

普通の高校野球漫画では描かれない微妙な人間関係のアヤがうまく得がれていて楽しい‐‐ 第1位‐‐おおきく振りかぶって

県外の高校に進学した卑屈で弱気なピッチャー・三橋廉(みはし・れん)。見学するだけと訪れたものの強引に入部させられたのは、全員1年生(くせ者揃い)に女監督(コワイ)という創設まもない野球部だった! オレらのエースは暗くて卑屈。勝つために、弱気なエースのために。行け、オレら! 読むとためになり、しかも血沸き肉躍り涙する。絶対に面白い本格高校野球漫画!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『おおきく振りかぶって』がランクインしているページ=野球漫画ランキング の注目タイトルをもっと見る

『おおきく振りかぶって』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

エースへの目覚める過程が丁寧に描かれていく素敵な作品‐‐ 第2位‐‐ダイヤのA

中学全国大会を目標としていた沢村栄純(さわむら・えいじゅん)。最後の大会は自らの暴投で敗退してしまう。仲間とともに高校でリベンジを誓うなか、名門、青道高校野球部からスカウトが来る。見学に訪れた沢村は、いきなりエリート校の洗礼を受けることに! 名キャッチャーの呼び声高い御幸一也(みゆき・かずや)との出会いが沢村の高校野球への情熱を目覚めさせる!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『ダイヤのA』がランクインしているページ=寺嶋裕二 の注目タイトルをもっと見る

『ダイヤのA』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

作家はあの「いちごのパンツ」の河下水希 さん。今回は桃栗みかん名義で書かれています。内容はかなりシビア。‐‐ 第3位‐‐群青にサイレン

修二と空はイトコ同士。かつて空のせいで野球をやめた修二は、高校の入学式で空と再会。体の小さな空を見て、「今なら勝てる」と思った修二は野球部に入部することに…。エースを目指していた修二は、キャッチャーに指名され、大キライな空とバッテリーを組むことに。どうしてもそれを認められない修二は?
(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『群青にサイレン』がランクインしているページ=イケメン漫画 の注目タイトルをもっと見る

『群青にサイレン』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

この切り口は面白い!こんな甲子園もいいね‐‐ 第4位‐‐ラストイニング

関東某県にある彩珠学院高校野球部は、甲子園初出場で初優勝を果たした過去がある。しかし現在は毎年1、2回戦での敗退続き。元野球部監督の狭山校長は13年前の部員で、現在は悪徳商法で留置所に入っている鳩ケ谷を訪ね、新監督に就くよう依頼するが…。汗と涙ぁ…そんなモンいらねぇ!かつて名門、今は弱小の私立彩珠学院高校野球部にやってきた問題児監督・鳩ケ谷圭輔が、硬直しきった高校球界の常識を変える!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『ラストイニング』がランクインしているページ=名作漫画 の注目タイトルをもっと見る

『ラストイニング』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第5位‐‐アゲイン!!

『モテキ』の久保ミツロウが描く、高校生活タイムスリップストーリー! ――高校生活3年間、友達も思い出も作らず卒業式を迎えた今村金一郎(いまむら・きんいちろう)。だが同級生の女子・暁(あきら)と階段から転げ落ち、気づいたら3年前の入学式の日へタイムスリップしていた! 憧れていた女団長・宇佐美(うさみ)と再び出逢った金一郎は、応援団に入団し、宇佐美が独りで頑張る応援団の立て直しを目指す!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『アゲイン!!』がランクインしているページ=恋キュン漫画 の注目タイトルをもっと見る

『アゲイン!!』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

このラブコメ王道を読まずにはいられない‐‐ 第6位‐‐天野めぐみはスキだらけ!

剣道に打ち込む体育会系ぷに子・めぐみと、
東大志望のひょろ長男子・学──
幼なじみの二人は中学で疎遠になるも、
同じ高校に進学して再び距離を縮めはじめた。
プラスとマイナス、N極とS極──
真逆な二人は引かれ合う…?

効能:ニヤニヤ×ほんわか×ドキドキ、
スポーツぷに子♀とガリ勉スリム♂の
凸凹“日常”ラブコメディー!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『天野めぐみはスキだらけ!』がランクインしているページ=ヒロイン漫画 の注目タイトルをもっと見る

『天野めぐみはスキだらけ!』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第7位‐‐砂の栄冠

1千万円で甲子園を買え! 『ドラゴン桜』の作者が描く、完璧に新しい高校野球ストーリー! ――創立100年目での甲子園初出場を目指し地区大会決勝に挑む、埼玉の名門・県立樫野(かしの)高校。3年生の不動のエース・中村(なかむら)に圧し掛かる、とてつもなく大きな重圧。2年生のショート・七嶋(ななしま)は、中村に、かける言葉がない。涙も涸れる甲子園ロードが、今スタートする!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『砂の栄冠』がランクインしているページ=高校野球漫画 の注目タイトルをもっと見る

『砂の栄冠』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

第8位‐‐灼熱カバディ

スポーツ嫌いの元サッカー部エース・
宵越竜也(高1)のもとに、
ある日『カバディ部』が勧誘に!

「カバディなんてネタだろ(笑)」と
内心バカにしつつ練習を見に行くと、
そこではまるで格闘技のような
激しい競技が行われていて……!!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『灼熱カバディ』がランクインしているページ=裏少年サンデー の注目タイトルをもっと見る

『灼熱カバディ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第9位‐‐GRAND SLAM

孤独な拳法少年・世界一心は、憧れ続けた野球部の門を叩く。だが同級生の蔵座直哉に入部テストを課されることに。窮地に追い詰められた一心は、培ってきた「秘めた力」を発揮して…!? 弱虫・世界一心の加入で、弱小野球部の大逆襲が始まった――!!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

『GRAND SLAM』がランクインしているページ=野球漫画 の注目タイトルをもっと見る

『GRAND SLAM』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

第10位‐‐名探偵コナン

ホームズばりの推理力で、大活躍の高校生名探偵・工藤新一。ところがある日、事件を追っていた彼は、妙な薬の力で、なんと子供に戻ってしまった…!?仮の名を“江戸川コナン”。小さな名探偵が登場だ!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)

『名探偵コナン』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

【未】スポーツ漫画【未】をジャンル別、完結済、巻数、電子書籍で絞り込む ↑

もっと読みたい!野球の関連記事一覧

漫画好きに人気!タブレット比較情報

口コミ漫画カテゴリ75から探す

もっと見る 閉じる

コメントを投稿する

コメントを投稿する