Loading...LOADING

おすすめ漫画をジャンルとキーワードでドンドン探す!

戦争漫画漫画のおすすめランキング最新13の人気作品

戦争漫画漫画の面白い注目作品を探せる!完結済、巻数別、ジャンル別、新着順、を簡単に絞り込み!関連漫画・動画・映画・グッズも紹介!

戦争漫画の最近リリースされた新着おすすめ漫画3点

広告

話題になった戦争・戦記漫画で完結作特集-話題になった戦争・戦記漫画で完結作のおすすめランキング最新44の人気作品からこの作品に注目

話題になった戦争・戦記漫画で完結作のおすすめランキング順第1位‐‐ヴィンランド・サガ

千年期の終わり頃、あらゆる地に現れ暴虐の限りを尽くした最強の民族、ヴァイキング。そのなかにあってなお、最強と謳われた伝説の戦士が息子をひとり授かった。トルフィンと名づけられた彼は、幼くして戦場を生き場所とし、血煙の彼方に幻の大陸“ヴィンランド”を目指す!! 『プラネテス』の幸村誠が描く最強民族(ヴァイキング)叙事詩、堂々登場!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

幸村誠 のおすすめタイトルをもっと見る

ヴィンランド・サガがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

話題になった戦争・戦記漫画で完結作のおすすめランキング順第2位‐‐ドリフターズ

A.D.1600天下分け目の関ヶ原・・・敵陣突破の撤退戦”島津の退き口””捨てがまり”で敵将の首を狙うは島津豊久!生死の狭間で開いた異世界への扉・・・

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

ドリフターズがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

話題になった戦争・戦記漫画で完結作のおすすめランキング順第3位‐‐ちるらん 新撰組鎮魂歌

己の強さを求め、ただ闇雲に道場破りを繰り返す、若き日の土方歳三。そんな時、天然理心流・試衛館の近藤勇に挑み、敗北を喫す。土方は雪辱を誓い、試衛館の門を叩いた。最も強く、最も熱い新撰組が今始まる!!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

新選組漫画 のおすすめタイトルをもっと見る

ちるらん 新撰組鎮魂歌がランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

戦闘漫画特集-戦闘漫画おすすめランキング最新26の人気作品からこの作品に注目

戦闘漫画のおすすめランキング順第1位‐‐将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバル

「将国のアルタイル」のアナザーサイド、嵬伝<がいでん>開幕! 大陸の強国に蹂躙された、極東の島国・日薙<くさなぎ>。奴隷として虐げられる日薙人のもとに、滅びた皇家の遺子、皇子<みこ>が帰還。彼らは遂に反撃の火蓋を切る――! 「将国」世界を震撼させた新兵器“東弓”を巡る、知略と蛮勇入り乱れた“国土回復譚”が今、始まる!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

将国のアルタイル嵬伝/嶌国のスバルがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

戦闘漫画のおすすめランキング順第2位‐‐賭博黙示録カイジ

上京後、自堕落な日々を過ごしていた伊藤開司(カイジ)は、ある日金融業者の遠藤により、かつて自分が保証人になっていた借金を押しつけられる。遠藤に誘われるままカイジは負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「エスポワール」に乗り込む。そこで行われるのはカード12枚を使った「限定ジャンケン」。うまく勝てば借金は帳消しだが、負ければ命の保証は無いというものだった……。2002年に雑誌「ヤングマガジン」で連載を開始すると同時に大人気になった福本伸行の代表作。

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

大人漫画完結 のおすすめタイトルをもっと見る

賭博黙示録カイジがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

戦闘漫画のおすすめランキング順第3位‐‐今日からヒットマン

ヒーロー漫画 のおすすめタイトルをもっと見る

今日からヒットマンがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

ディエンビエンフー特集-ディエンビエンフー・西島大介が話題作を漫画家自身で電子書籍レーベル化発売からこの作品に注目

混乱する環境を描くことで戦場とは何なのかを示そうと‐‐ ディエンビエンフーのおすすめランキング順第1位‐‐ディエンビエンフー

『ディエンビエンフー』を読んで、「こんなの全然リアルじゃない」と言うのは簡単だ。右往左往しながら死んでいくかわいい3頭身のキャラクター、超越した強さのヒロイン・プランセス、指揮官を簡単に殺してしまうグリーンベレー…確かにリアリティはない。でもこの作品は名作だ。

舞台は混乱のさなかのベトナム。主人公は米軍の新米戦場カメラマン・ヒカル。敵ゲリラでありながら、舞うように戦い、ヒカルの命を幾度も救うプランセス。プランセスを追うグリーンベレーの“野良犬たち”。

ヒカルとプランセスの関係を縦軸に、プランセスと野良犬たちや米軍との戦闘を横軸にしながらストーリーは進んでいく。

『ディエンビエンフー』がリアリティを捨て、かわりに得たものは何なのか。それは戦場への新しいアプローチと速度感なのではないか、と個人的には思う。

戦争に行ったことの無い僕には、戦場の空気は分からない。ただ戦場に放り込まれた人間が、どのように考え、どのように行動するのか、想像することは出来る。漫画家は、状況と照らしながらキャラクターの心理をなぞってリアリティを設定していく。

西島大介氏は、その「予想の感情」の表現をあえてせず、あえてリアリティの無い要素を重ねて描くことで、「戦場での混乱」という状況を描こうとしているように僕には思える。感情面からではなく、混乱する環境を描くことで戦場とは何なのかを示そうとしたように思える。

速度感については、プランセスと野良犬たちの死闘を一読してもらえれば説明の必要はないだろう。3頭身にディフォルメされたキャラクターだからこそ得られる躍動感。なるほど。横長のコマの多い漫画の中で、縦長の人物像は動かないのだと、気付かされた。

『ディエンビエンフー』は、他の戦争漫画とは明らかにアプローチの違う漫画だ。賛否はあるかもしれない。しかし、見てみる価値はある。その表現は漫画の先端の一辺を担っている。

アクション のおすすめタイトルをもっと見る

ディエンビエンフーがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

バカみたいに律儀にベトナム戦争を描く‐‐ ディエンビエンフーのおすすめランキング順第2位‐‐ディエンビエンフー 0

「2つのディエンビエンフー~あらかじめ失われたハッピーエンド」
ナイフを持ったお姫様とカメラを持った王子様が出会うベトナム。 「ボーイ・ミーツ・ガール」の極北にして、ひょっとすると究極の愛のカタチを描いた ベトナム戦争マンガの傑作「ディエンビエンフー」。

2つのバージョンを持つ(作者によるセルフリメイク)この作品は、いずれも1973年の、アメリカ軍が撤退しようとする混乱のサイゴンから始まる。
新旧どちらの「ディエンビエンフー」でも、爆死した恋人達の「互いに握り締めたまま切断された手首」から 幕を開ける。

いや、普通に考えれば、おそらく主人公たちの手首なのだろう(違ったら本気で笑う)、1965年に始まる2人の物語の 結末は「爆死」と、その冒頭で示されてしまっている。
そして舞台は1965年のアメリカ軍の本格介入が始まった時期に戻ってくる。つまり、この作品は「8年間」というベトナム戦争のクライマックスからエンディングまでを律儀に描写するつもりなのだ。

一体、どんな壮大な物語を「西島大介」は描くつもりなのだろうか?
例えば生井英孝の「ジャングルクルーズにうってつけの日」、例えばキューブリックの「フルメタル・ジャケット」、例えばティム・オブライエンの「カツィアートを追跡して」。
いずれも、数年分以下(もしくは数ヶ月、数週間以内)のスパンでしかベトナムを描写していない。(あと、ちなみにお姫様の設定にはオブライエンの短編「ソン・トラ・ボンの恋人」の影響もうかがえる)

 だが、ベトナム戦争の本質とはそんなものではない。

ダラダラと・・・フランスとの戦いから数えると、実に30年近くダラダラと続いた、不毛で皮肉な 「日常化」こそが、この戦争の本質なのだ。(さらに皮肉なことに、現在のベトナムは 社会主義を捨て、経済活動に邁進しつつある。たとえばイラク戦争に参加するPMC=民間軍事会社のオペレーターたちが愛用する装備品メーカー BLACKHAWK社の工場はどこにあるかといえば、これがなんとベトナム。皮肉としか言いようがあるまい)
では、どうすれば、この戦争の本質にアプローチ出来るのか?
簡単だ(方法論としては)。

少なくともアメリカが介入してからの8年間を延々と描写すればよいのだ。 無論、そんなことは、普通は思いついても誰もやらないだけなのだが。
だが、恐ろしいことに現在、連載されている「ディエンビエンフー」は、その手法で、 バカみたいに律儀にベトナム戦争を描いている。
それだけでも、どれだけ真摯に、どれだけ覚悟を持って、西島大介がこの作品に向き合っているか判ろうかというものだ。

個々のエピソードをここで語ることは不毛だし、文字数の制限もあって、あまり意味が無い。
だが、この手法を選んだことこそを意識して読むことで「ディエンビエンフー」は、その姿と表情を変えるはずだ。

巻末に掲載された年表を見て「30年」もしくは「8年」という時の長さを今一度考えてみてほしい。

そして、最期に、もし可能であるならば、個人的に作者にお願いしたいのは『トリポッド』の完全漫画化である!これこそ、未来の全人類にとっての「ベトナム戦争」の物語なのだから!

ディエンビエンフー 0がランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

ディエンビエンフーのおすすめランキング順第3位‐‐ディエンビエンフー TRUE END

こんな戦争文学がまだあったのか――西島大介の未完の大長編『ディエンビエンフー』ついにトゥルーエンド(本当の完結)へ。完全新作の完結編第1巻ついに刊行。完結へのカウントダウンが始まった。1970年 ベトナム――最期の戦場。僕は彼女(プランセス)にハートを撃ち抜かれた。「最初の刊行より12年、ベトナム戦争よりも長い期間続けてしまった『ディエンビエンフー』。2度の掲載誌休刊を経ましたが、不撓不屈の精神で継続。完全新作の完結編『ディエンビエンフー TRUE END』第1巻を刊行いたします。「トゥルーエンド」とはマルチエンディングを前提とした言葉ですが、角川書店と小学館での未完を「バッドエンド」とし、今度こそ双葉社「月刊アクション」で完結を迎えます。物語の断片の幾つかは「黒歴史」化されますが、双葉社新装版1~6巻及び本書から始まる『ディエンビエンフー TRUE END』を読めば、本来求められた「トゥルーエンド」へと到達できます。より厳密に言えば、旧版1~10巻(第一部と第二部)までは「正史」として位置付けられ、『TRUE END』との物語の齟齬はなく、新装版の6巻から飛んでも、旧版10巻から飛んでも、『TRUE END』1巻へと正しく接続されます。しかし11、12巻(旧版第三部)はパラレルワールドの出来事になります。と、説明が多くなってしまいましたが、何も気にせず新規に『TRUE END』だけを読んでいただいても全く問題ありません。これまでの物語を要約しつつ、完結へと導くようになっています。『ディエンビエンフー TRUE END』は全3巻刊行予定。2018年内には完結を迎えます。この機会を最後のチャンスと思い、今度こそラストシーンへ連れて行きますので、「トゥルーエンド」を見届けるまで、僕を信じてついてきて下さい。」(西島大介)

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

戦争ドラマ漫画 のおすすめタイトルをもっと見る

ディエンビエンフー TRUE ENDがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

ディエンビエンフーのおすすめランキング順第4位‐‐ディエンビエンフー 完全版

第1巻の内容紹介: 二人はまだお互いを知らないーー
1965年ベトナム戦争。米軍兵士ヒカル・ミナミは、ベトコン最強の美少女ゲリラ兵士「お姫さま」に出会い、恋におちた!

『ディエンビエンフー』IKKI版全12巻を「完全版」として電子刊行。ベトナム・エッセイ「アオザイ通信」も完全収録

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

ディエンビエンフー 完全版がランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

戦争ドラマ漫画特集-戦争ドラマ漫画おすすめランキング最新42の人気作品からこの作品に注目

戦争ドラマ漫画のおすすめランキング順第1位‐‐PandoraHearts

PandoraHeartsがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

戦争ドラマ漫画のおすすめランキング順第2位‐‐強殖装甲ガイバー

角川コミックス・エース のおすすめタイトルをもっと見る

強殖装甲ガイバーがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

戦争ドラマ漫画のおすすめランキング順第3位‐‐PEACE MAKER

一瞬の速さが生死を分ける“決闘(デュエル)”の世界に突如現れた謎の男、ホープ・エマーソン。父から受け継いだ“ピースメーカー”と驚異のドローテクニックを武器に、兄を探すための壮大な旅が、今始まった…!

アマゾンより引用-リンクは表紙画像から

ヤングジャンプ のおすすめタイトルをもっと見る

PEACE MAKERがランクインしているキーワードで他の漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

バトル漫画をジャンル別、完結済、巻数、電子書籍で絞り込む ↑

広告

もっと読みたい!戦争漫画の関連記事一覧

漫画好きに人気!タブレット比較情報

口コミ漫画カテゴリ75から探す

もっと見る 閉じる

コメントを投稿する

コメントを投稿する