Loading...LOADING

おすすめ漫画をジャンルとキーワードでドンドン探す!

大人漫画おすすめ34作!その展開はリアルで断然読み応えが深い

大人漫画おすすめ作品を探せる!巻数別、ジャンル別、新着順、を簡単に絞り込み!このジャンルが愉しいのはまるで何でもあり、ルール無視の人生バトルのようだから。大人の男女ならではの様々な愛情あふれる展開から人生の滋味深さ、せつなさ、人間ゆえの愚かさをズキンっと教えてくれる。
 今や子供だって青年誌を読んでたりするし、逆に大人が少年誌を読むのは普通だし。漫画の読者としての大人と子供の境界線はきっと学生か社会人かの違い程度。でも世の中には「大人になってもわからない」ことがたくさんあって、努力と友情と根性だけじゃ勝てない何かに向かわなくちゃならない事や、正義や愛だけではどうにもならないこともたくさんある。
 誰もが人生というリアルで複雑なイキモノのようなものに翻弄され続ける。一方で多くの人はそれでも愛しい時間や場所や人達を大切にしながら、なんとかギリギリ生きているのだろうか。
 そんな毎日にどれだけドラマを読ませるか?大人漫画をおすすめする醍醐味はここかもしれない。関連漫画・動画・映画・グッズも紹介!もっと色々なキーワードから漫画を探そう!最近評判、注目の漫画をじっくり味わう♪その他漫画ベスト注目順!『中間管理録トネガワ』-福本伸行,萩原天晴,三好智樹,橋本智広、『夜明けの図書館』-埜納タオ、『こいいじ』-志村貴子、『BLUE GIANT』-石塚真一、『ピンキーは二度ベルを鳴らす』-うめざわしゅん、『雪花の虎』-東村アキコ、『新黒沢 最強伝説』-福本 伸行、『BOX~箱の中に何かいる~』-諸星大二郎、『さよならアメリカ』-渋谷 直角、『Z~ゼット~』-相原コージ、他34作品を紹介!このページの作品紹介は『奈良崎コロスケ』さんです!

大人漫画おすすめ

誰もが人生というリアルで複雑で、それでも愛しい時間や場所や人間達を大切にしながら、なんとかギリギリ生きている。
そんな毎日にどれだけドラマを読ませるか? 大人漫画の醍醐味はここかもしれない。


大人漫画おすすめの最近発売された新着漫画3点

広告

リアルで深くて読み応えが凄い!大人が楽しめる大人漫画おすすめ良作を34作厳選紹介

ギャンブルマンガの金字塔『カイジ』シリーズから生まれた大ヒットスピンオフ作品。‐‐ 第1位‐‐中間管理録トネガワ

原作を手掛けるのは『さぼリーマン 飴谷甘太朗』の萩原天晴。
作画担当の橋本智広と三好智樹は福本伸行のチーフアシを務めた直弟子だ。

主人公はカイジが戦っている帝愛グループの幹部・利根川幸雄。

利根川といえば凄絶な焼き土下座が強烈な印象を残したが、本作の時系列はカイジたちがエスポワール号に乗り込むよりも少し前。

退屈に喘いでいる帝愛・兵藤会長から「債務者たちを集めて死のゲームを企画しろ」と命ぜられた利根川と黒服たちがアイデアを出し合う会議からスタートする。

シリーズ本編では名もなき黒服たちも、ここでは利根川の大切な部下。プロジェクト発足に当たって自己紹介をしていき、少しずつ素顔も明らかに。なかにはとんでもない珍名君も紛れていたりもするが、利根川は必死で部下たちの名前と特徴を覚えようとする。

その姿はどこの会社にもいる中間管理職のオジサマだ。上からの圧政と下からの突き上げに頭を抱え、ストレスをためていく日々。

年齢を重ねた中年男の渋さと悲哀。本編以上に人間味にあふれる利根川の右往左往が実に魅力的である。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング2位。全体で278位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は3位。総合239位

『中間管理録トネガワ』がランクインしているページ=仕事漫画特集の注目タイトルもっと見る

『中間管理録トネガワ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

知りたい”を通して絆が生まれ、紡がれていく物語‐‐ 第2位‐‐夜明けの図書館

数ある図書館司書の業務から本作がスポットを当てているのは、レファレンスというサービス。

レファレンスとは、「子どものころに読んで心に残った本を探したい!」「あるテーマについて掘り下げているのだけど、なにかいい本はあるか?」といった、利用者の“知りたい”をサポートする業務のことである。

ヒロインは3年の就職浪人期間を経て、暁月市立図書館に採用された新人司書の葵ひなこ(25歳)。

そんな彼女が挑むのは、老人の「80年前の郵便局が写っている写真」から小学生の「光る影の正体が知りたい」まで、珍問・難問ぞろいだ。

どのエピソードもハートウォームなミステリー仕立てで、クライマックスはひなこと一緒に笑い泣きすること請け合い。

ひなこは頼もしい先輩たちの力を借りながら、適切な書籍や資料を探し出していく。

「知らないことはスマホを片手にネットで検索すればOK!」という時代ではあるが、誰かの“知りたい”を通して人と人との絆が生まれ、少しずつ紡がれていく物語が愛おしい。

  • 本好き、図書館好きならゆるゆるとハマる良作

    ほんわかほのぼの、これに尽きます。 たいした大事件が起きることもなく、恋人と読んだ本、子供の頃の思い出の本、大事な友人のための本など、さまざまな本を探して図書館にやってくると人と図書館司書とのあった…

  • こんな人に出会ったら素敵と思える BEST5
  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング3位。全体で439位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は2位。総合213位

『夜明けの図書館』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

20年以上も片想いをこじらせているアラサーヒロインの健気な恋物語‐‐ 第3位‐‐こいいじ

大原忠実こと通称“まめ”の想い人は、近所に住む5つ年上の赤井聡太。

JC時代にベタボレして以降、何度も告白しては玉砕の繰り返し。そんな彼の初恋の相手は皮肉にも“まめ”の姉。

3つ年上の儚げな由芽(ゆめ)のことをずっと想っていた聡太だったが、その恋が成就することはなかった。聡太は“ゆめ”の友人・春子と付きあい始め、やがて授かり婚をすることに……。

本作には“まめ”以外にも、恋意地の張ったキャラクターがどんどん登場する。みな片想いをこじらせながら、それでも前を向いて進んでいく。

どのエピソードも切なくて愛おしい。そんななか、どうしても次の一歩を踏み出せない“まめ”の片想いだけが別格の強固さを誇っているのだ。

三十路になろうが四十路になろうが引きずり続ける恋があることを、大人はみんな知っている。胸の中がざわざわすること必至の恋意地模様を、どうぞご堪能あれ

  • 恋をすることにかけるものってなんだろう

    既婚&子持ちの幼馴染に長年片思いする30歳女子、という設定に射抜かれました。 何だかこじれにこじれてそうだなと思いつつ読み進め、主人公まめちゃんの可愛さ、想い人聡ちゃんのスマートなかっこよさと若干ヘタレ…

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング5位。全体で597位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は4位。総合251位

『こいいじ』がランクインしているページ=初恋漫画特集の注目タイトルもっと見る

『こいいじ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

世界一のジャズプレーヤーを目指す少年の激熱成長譚‐‐ 第4位‐‐BLUE GIANT

小栗旬主演で映画化も果たした『岳』の石塚真一が贈る渾身のジャズ漫画。舞台は仙台。バスケに打ち込んでいた高校生・宮本大がジャズの熱さに感激し、独学でサックスを始めたことから物語は動き出す。

ストイックで真っ直ぐな性格の大が、楽器店の店長、ライブハウスのオーナー、大先輩のミュージシャンと音楽を通してさまざまな人々と出会い、成長していく様が清々しく描かれる。

なじみのない人にとってみればジャズというジャンルは、「古びた喫茶店でかかっているムーディーなBGM」という程度の認識だろう。それも間違いではないが、大がとらえたジャズは「熱くて激しくて自由な音楽」。

がむしゃらに河原でデカい音を奏でていた高校生が、やがて人々の心を打つジャズプレイヤーへと階段を1つ1つ上っていく展開にワクワクする。また家族や友人、愛しい人とのハートフルなエピソードも物語を感動的。

紙の上から熱気がたちこもり、音が飛び出してくるかのような感覚を堪能したら、マイルスでもコルトレーンでもいい、ぜひとも1枚聴いていただき、ジャズの世界の扉を開けて欲しい。

  • 生で聴きに行きたくなるほどジャズに対する愛が表現されている

    音楽に対してのイメージは人それぞれだと思う。 とある演奏が人の人生を変えることを信じらるだろうか。 偶然?必然?のタイミングでジャズに出会ってしまった高校生の大は、独学でテナーサックスのジャズプレイ…

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング4位。全体で460位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は7位。総合458位

『BLUE GIANT』がランクインしているページ=重厚なストーリー漫画特集の注目タイトルもっと見る

『BLUE GIANT』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

第5位‐‐ピンキーは二度ベルを鳴らす

“硫酸ピンキーと呼ばれる、その男――
街を、闇を、命を切り裂く。

闇社会の事件解決人である彼の元には
今日もワケあり女が駆け込む!

雑誌掲載時から話題を呼んだ
人間の欲望と業を描き切る、
うめざわしゅん衝撃の問題作、待望の登場!!(アマゾンより引用-リンクは表紙画像から)”

  • このカッコよさ、ダンディズム、ハードボイルドの世界に生きる男…

    「リトルピンキー」と呼ばれる小人症の人物が裏社会の闇を次々と切り裂いていく。その姿があまりにもダンディズムに溢れていて、読めば読むほどピンキーに惚れてしまう。 彼が小さいからといって舐めてかかった人…

  • こんな人に出会ったら素敵と思える BEST5
  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング7位。全体で794位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は6位。総合386位

『ピンキーは二度ベルを鳴らす』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『ピンキーは二度ベルを鳴らす』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

毘沙門天の化身・上杉謙信は女性だった!?‐‐ 第6位‐‐雪花の虎

ドタバタギャグと恋愛モノを得意にしていた東村アキコが挑む戦国時代劇。「軍神・上杉謙信(初名:長尾景虎)の正体は女性だった!?」という仮説をもとに、運命に翻弄されるヒロインの一代記が描かれる。

享禄3年(1529年)1月、越後の春日山城城主・長尾為景の第3子が誕生した。ボンクラなうえに身体が弱い嫡男・晴景に代わる後継ぎとして期待された赤子だったが、残念ながら女児……。

失望する為景だったが、彼女を虎千代と名付け、剣と馬と学問を教え、姫武将として育てると豪語。やがて乱世ならではの裏切りや骨肉の争いが複雑化していくなか、15歳の虎千代=景虎は見事に初陣を飾る。

いわゆるゴリゴリの戦国モノとは違い、東村作品らしさも随所にちりばめられている。ギャグはもちろん、登場人物のファッションにもこだわり満点。

あまり知られていないが、友禅のような染物技法は戦国時代に存在せず、わりとざっくりとした柄が多かったという。このあたりの時代考証をきっちりとしているのも、着物好きの東村ならではだ。

「東村先生のファンだけど、歴史モノはちょっと…」という貴女にも、ぜひ読んでほしい艶やかな戦国ロマンである。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング9位。全体で883位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は5位。総合386位

『雪花の虎』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『雪花の虎』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

奇跡的に蘇った黒沢が、ホームレスに転落!?‐‐ 第7位‐‐新黒沢 最強伝説

ブルーワーカーの冴えない独身中年男・黒沢の心の叫びと奮闘をペーソスあふれるテイストで描いた傑作『最強伝説 黒沢』。

暴走族との凄絶な乱闘の果てに永眠したと思われた黒沢が、8年に渡る昏睡状態から奇跡のカムバック! 今度はどんな伝説を築き上げるのかと思いきや、いきなりホームレスに!?

試食品のテイクアウトを巡ってスーパーの店員と殴り合い、高級住宅街のゴミ捨て場で同業者と縄張り争いを繰り広げ、拾ったケーキを賭けてネットカフェ難民の若者と三角ベースに興じる……そんな日々が描かれる。

前作では負のエネルギーを武器に大立ち回りを演じた黒沢も、今や50代半ば。

「積み上げてこなかった人生」&「何かを成し得なかった人生」と向き合うたびにやるせなさが募り、涙がボロボロとこぼれる。

黒沢だけではなく、同世代の登場人物たちもまたしかりだ。社会に縛られない自由を手に入れた反面、食糧難や猛暑で容赦なく生命の危機が迫ってくる。
とはいえ人並み外れた生命力を持つ黒沢は、ちょっとやそっとじゃくたばらない。がんばれ中年星、不死鳥黒沢!

『新黒沢 最強伝説』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『新黒沢 最強伝説』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

鬼才が贈る先読み不可能なソリッドシチュエーションホラー‐‐ 第8位‐‐BOX~箱の中に何かいる~

高校2年生の光二のもとに、差出人不明の小包が届く。中身は複雑なカラクリで知られる箱根細工の秘密箱と「入場券」と書かれた紙片だった。

翌日、光二が教室で秘密箱の開けることに成功すると、奇妙な出来事が起こり始める。やがて導かれるように無機質な建物にたどりついた光二の前には、彼と同じように立方体や四角に関するパズルと入場券を手にした人々の姿が……。

外界からシャットアウトされた空間で、見知らぬ人々が互いの素性や思惑を探りつつ、協力して状況打破を目指すという展開自体は手垢がつきまくった設定だ。
しかし、ここに鬼才・諸星大二郎流の怪奇がまぶされると、途端に新しくなるからすごい。

パズル自体は迷路やクロスワードで、難易度は高くとも答えのあるアナログなものであり、解ける解けないのハラドキには力点が置かれていない。

それよりも、パズルを解くごとに参加者を襲う面妖な事象こそがキモとなる。参加者たちの秘密や思惑が少しずつ露呈しながら、物語は核心に近づく。果たして箱の中の“何か”とは——。

  • この大人たちの世界を堪能しよう BEST5
  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング6位。全体で788位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は9位。総合576位

『BOX~箱の中に何かいる~』がランクインしているページ=推理漫画特集の注目タイトルもっと見る

『BOX~箱の中に何かいる~』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

あのころアメリカに憧れていた大人たちへ‐‐ 第9位‐‐さよならアメリカ

映画化された『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』、ドラマ化された『デザイナー 渋井直人の休日』などで知られる渋谷直角が、アメリカに強い憧れを抱く中年男を主人公にすえて贈る、オシャレなのにペーソスあふれる人間ドラマ。

アメリカ好きが高じて、東京郊外にアメリカンダイナーをオープンさせたアラフィフの安藤=アンディ。そんな彼がある日、友人の遺品からアンディ・ウォーホルの未発表スケッチブックを発見する。

半信半疑だったが、それは本物だった。しかし、友人の入手経路にはある秘密が。そしてアンディも周囲に大きなウソをついていた……。

古き良きアメリカをこよなく愛するアンディは、渋谷作品としては珍しいストイックなキャラクター。

冴えないアラフィフのオタクおじさんが従業員の若い女子たちにモテモテなのは少々ご都合主義がすぎるけど、それもまたアメリカン(?)ドリームか。子供のころ、アンディのようにアメリカに憧れていた大人たちに読んでほしい!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング13位。全体で1349位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は11位。総合814位

『さよならアメリカ』がランクインしているページ=扶桑社特集の注目タイトルもっと見る

『さよならアメリカ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

これまでの概念を覆すゾンビが街を跋扈するパンデミック系ホラー‐‐ 第10位‐‐Z~ゼット~

ゾンビなのに頭を撃ち抜いても死なないどころか、切断された部位も活動を止めない! これまで映画やマンガの中で多彩なゾンビが人々を喰い散らかしてきたが、どの作品もジョージ・E・ロメロが考案した“脳が破壊されれば活動を停止する”タイプがベースであり、そのルールは我々の中に嫌というほど刷り込まれていた。

だが相原コージは「すでに死んでいる存在なわけだから、“もう一度死ぬ”というのがどうも納得いかない」と、そもそも論を提示。誰もが疑問に思いながらも「そういうモノだから」とやり過ごしていたツッコミどころを、あえてほじくり返したのである。

このゾンビに対する新概念に加えて、時系列がランダムに展開されるのがミソ。動物を中心に感染がジワジワ広がりつつある「発生初期」、街中にゾンビが溢れ、人々がパニック状態となって逃げ惑う「発生中期」、ゾンビの対処法を確立し、平穏な日常を取り戻している「発生後期」と、1話ごとに主人公が入れ替わるオムニバス形式が取られている。

相原作品らしく、どんなに窮地に陥ってもムフフな妄想ばかりを考えている情けない男たちが山盛りで登場するが、それも「種の保存」という本能を失わない人間の強さの表れ!?

  • 相原コージ流のゾンビにうならされる

    天才・相原コージが、なんとゾンビをテーマに選ぶという、それだけでもソソる作品。 頭をぶち抜いても死なずに襲ってくるなど、ゾンビ王道の展開は守りつつ、見せ方のオリジナリティにはうならされる。 各時代…

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング15位。全体で1489位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は13位。総合1004位

『Z~ゼット~』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

読書を忘れた現代人なんて滅亡するがいいのだァ――――!!!!‐‐ 第11位‐‐本死にたまふこと勿れ―夏目文彦青春日記―

タイトルは与謝野晶子の反戦歌「君死にたまふことなかれ」のオマージュ。
テーマはズバリ“本への愛”。

本、とりわけ純文学に傾倒する高校生・夏目文彦が、衰退していく出版業界を憂い、潰れていく街の本屋に心を痛め、ページをめくる音が聴こえない電子書籍に寂寥感を抱き、一切本を読まない若者たちに嘆きまくる。

人類の宝であるはずの読書活動を放棄し、スマホに視線を落とし続ける現代日本。「三度の飯より読書が好き」どころか、「読書そのものが三度の飯」である夏目にとって、これは由々しき事態だ。

彼は小説家になってベストセラーを連発し、出版業界の救世主になることを決意する。果たして夏目は読書の楽しさを周囲に啓蒙し、自らも小説家として大成することが出来るのだろうか? 

出版界の最下層ではあるが、曲がりなりにも文筆をなりわいにしている筆者は全力で夏目君を応援します!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング19位。全体で1675位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は14位。総合1013位

『本死にたまふこと勿れ―夏目文彦青春日記―』がランクインしているページ=コミックバンチ特集の注目タイトルもっと見る

『本死にたまふこと勿れ―夏目文彦青春日記―』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

新時代の公道最速伝説が開幕。再びハチロクが走り出す!‐‐ 第12位‐‐MFゴースト

『頭文字D』が2013年に長期連載を終え、あれだけ隆盛を誇った車のマンガは絶滅危惧種となった。若者がスポーツカーに乗らなくなったことも大きいが、暴走族やドリフト族を描くのは現代のコンプライアンスにも合わないのだ。でもね、おじさんたち、否、大人たちはまだまだ車のマンガを読みたいのですよ。

そんななか、しげの秀一が素晴らしいアイデアで公道レースものに回帰してくれた。舞台となるのはクルマの自動運転が普及した近未来の日本。旧式のガソリン車は絶滅寸前だったが、その一方で日本の公道を使用するモータースポーツイベント「MFG」は世界中で爆発的な人気を博している、という設定だ。

公道を使用するが、一般車はシャットアウトしてレースを行う。うん、これならば何も問題はない。主人公はイギリスのレーシングスクールを卒業したばかりのカナタ・リヴィントン19歳、彼がMFGで駆る車はハチロクGT、そして師匠はあの藤原拓海。そう、『MFゴースト』の世界観は『頭文字D』と地続きなのだ。これは燃える!

『頭文字D』が始まったのは1995年。連載当初20代だった読者は、40代〜50代の中年になった。そんなオールドファンにアピールしつつ、新世代のファンも取りこんで人気も急上昇中。車マンガの命運は『MFゴースト』が握っているといっても過言ではない。

『MFゴースト』がランクインしているページ=KCスペシャル特集の注目タイトルもっと見る

『MFゴースト』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

池袋の(裏)道具屋は地味メガメ大学生‐‐ 第13位‐‐ハスリンボーイ

欲望うずまく池袋を舞台に、裏社会に巣食う人間たちの「道具屋」となったタモツの暗躍を描く、アウトロー譚。

多額の奨学金返済のため、裏の世界の住人にトバシ携帯などの非合法ツールを卸している大学生・タモツ。どんな客でも金さえ積めばブツを用意するのが信条だ。

当然ながらそれらは犯罪に使われることになり、タモツも片棒をかついでいることになる。
そのことを自覚しつつも、4年で500万を超える借金(奨学金)を卒業までに返済するため、裏の稼業に手を染めている。

タモツがもともと不良ではなく、見た目も性格も特徴のないごく普通の青年なのがポイント。
スマホを使いこなす若者だからこそのフットワークの軽さでヤバい連中と渡り合うのだ。

もちろん一筋縄でいくはずもなく、池袋周辺の対立構図に巻き込まれることになるのだが、修羅場を経験することでどんどん機転がきくようになっていくのが頼もしい。
ここ数年で激変したヤクザやハングレたちのシノギスタイルもよくわかり、(裏)社会勉強にもなりますよ!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング18位。全体で1667位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は16位。総合1112位

『ハスリンボーイ』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『ハスリンボーイ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

いつも言葉を飲みこんでいた妻が本気で夫とぶつかるとき、どんな回答が導き出されるのか‐‐ 第14位‐‐離婚してもいいですか? 翔子の場合

ギャンブルで借金をしたり、泥酔して暴力をふるったり、若い女と浮気をしたり……。そういう【決定打】はないものの、男尊女卑×モラハラ全開の夫に毎日イライラ。「離婚」の2文字が頭にこびりついて消えることはない。でも世間体や経済面、小さな子どもたちのことを考えると簡単に踏み切ることはできず……。

恐らく日本中、否、世界中の主婦が夫に抱いているであろうアレコレを濃縮したエッセイコミック。外面だけはいい暴君夫に気を使いながら生きることに疲れた結婚9年目の主婦・志保が、現状から脱出する手段として「離婚」を真剣に考える。

夫婦間の問題は普遍的なものだ。もともと他人同士の男女が100%理解しあえるなんてあるはずがない。熱病のようなラブラブ期が過ぎたら後は双方どこまで歩み寄れるのか、そのバランスは“大人の2人”にかかっている。いつも言葉を飲みこんでいた妻が本気で夫とぶつかるとき、どんな回答が導き出されるのか。そう簡単には転ばない、主人公の心情が浮き彫りになるラストが秀逸だ。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング16位。全体で1514位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は17位。総合1178位

『離婚してもいいですか? 翔子の場合』がランクインしているページ=角川コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『離婚してもいいですか? 翔子の場合』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

さまざまな思惑がドロドロに絡み合う漫画家業界に風穴を開けろ!‐‐ 第15位‐‐狭い世界のアイデンティティー

人気青年誌「グッドナイト」編集部に持ち込みをした男がビルの上階から突き落とされ、惨殺される衝撃的なシーンから物語は幕を開ける。

ヒロインの神藤マホは彼の妹。復讐に燃えるマホは正体を隠しながら新人漫画家として年間賞の佳作を受賞、「グッドナイト」編集部へと入り込み、真相を追い始める。
だがしかし、そこには漫画業界の深い闇が待ち受けていた――。

キモとなるのは相変わらず大胆な押切流のバイオレンス表現。マホは短期スパンで漫画家としてのし上がるため、漫画力のみならず、“暴の力”で物理的にライバルを蹴落としていく。

大御所から中堅、ド新人に打ち切り作家、アシスタントまでが勢ぞろいする忘年会で繰り広げられる消耗戦! 冒頭を読んだだけでネームを没にする若い編集者、RTとイイネとフォロワー数を心のよりどころにして紙媒体の悪態をつくWEB漫画家軍団、まったく自分の漫画を描かないのに口だけは達者なアシスタントたち、SNSで業界批判ばかりをつぶやく老害作家……。

魑魅魍魎が巣食う凶悪な業界を、有無をいわさぬ暴の力で邁進するマホが清々しい。漫画家が大集結する不穏な交流会で突如開いた地獄の門。死屍累々を乗り越え、真の敵を八つ裂きにすることができるのか!

  • やっぱり実名が面白いがイロイロと怖い漫画業界のサバイバルアク…

    さすが押切蓮介。面白い。 マンガ家と編集と有象無象の出版業界を舞台にしたマンガ家達によるマンガ家バトル漫画とでも言うべきか。 第1巻の段階では架空の出版社(どう見てもあそこ)に殴り込みに行く架空のマ…

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング14位。全体で1486位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は19位。総合1244位

『狭い世界のアイデンティティー』がランクインしているページ=バトル漫画おすすめ特集の注目タイトルもっと見る

『狭い世界のアイデンティティー』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

本当の親ってなんだろう? 新しい家族の形を模索する父親目線の育児記録‐‐ 第16位‐‐うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました

漫画アプリVコミの人気連載がコミックス化。長年不妊治療を続けるも子供を授かることができず、里親登録をして0歳の男児を預かることになった漫画家・古泉智浩夫妻。

その赤ちゃん=うーちゃんも、2歳のわんぱく坊主に成長し、かけがえのない家族の一員となった。6歳までに養子縁組をすれば、戸籍には養子ではなく長男と記載され、実子と同じ扱いに。

これが特別養子縁組だ。この制度を利用して、うーちゃんは晴れて戸籍上も古泉夫妻の息子さんとなる。

基本的にはイタズラ盛りのうーちゃんにスポットを当てた父親目線のユーモラスな日常記だが、時が経つにつれ、実親との関係や、「真実告知はどのタイミングで行えばいいのか?」という問題ものしかかってくる。

うーちゃんの突拍子もない行動に振り回される古泉家のドタバタな日常に大笑いしながら、特別養子縁組の基礎が学べる育児エッセイだ

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング21位。全体で1811位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は20位。総合1302位

『うちの子になりなよ 里子を特別養子縁組しました』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

21歳女子のインド細腕繁盛記‐‐ 第17位‐‐インドでキャバクラ始めました(笑)

18歳からキャバ嬢として生計を立ててきた早熟な夜の蝶、沼津マリー。
そんな彼女が飲食店を営む常連客の社長から「インドでキャバクラをやらないか?」と誘われる。

専門学校の卒業を控え、就職活動を面倒臭がっていた彼女にとっては渡りに船!? 

社長曰く「インドは日本人がどんどん増えているのに女の子のいる飲み屋がほぼ皆無、そこに目をつけた」というのだ。

ちなみにマリーは英語が出来ないどころか、海外旅行の経験もゼロ。
インドに関する知識もカレーとガンジス川とガンジー程度だ。それでもノリで即決! この時点でマリー、21歳。まさに怖いもの知らずの若者だ。

でもって、ここからはインド細腕繁盛記の開幕。社長はほとんどマリーに丸投げ状態。
開店準備からてんやわんやで、内装から掃除から酒の手配から宣伝までを全て1人でこなすハメに。

どうにか「クラブマリー」をオープンし、現地スタッフも雇って日本人ビジネスマン相手に店を軌道に乗せていく。
果たしてマリーはインドで大成功を収めるのか否か? 己の水商売才覚を信じる21歳女子の無鉄砲すぎるチャレンジは、最後まで目が離せませんよ!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング22位。全体で1811位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は21位。総合1342位

『インドでキャバクラ始めました(笑)』がランクインしているページ=沼津マリー特集の注目タイトルもっと見る

『インドでキャバクラ始めました(笑)』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

ヤクザのシノギを粉砕せよ!‐‐ 第18位‐‐シノギゴロシ~闇稼業仕置人~

女子高生のアスカが背脂系こってりラーメン屋で出会った若い男=矢野統爾(やの・とうじ)。彼は弱者を食い物にするヤクザのシノギを、圧倒的かつ徹底的な喧嘩で制圧する“シノギゴロシ”だった——。

ヤクザたちをワンパンでKOする矢野は、スーツ姿にマフラーをなびかせ、ボルサリーノを粋に決め、赤面もののセリフを臆面もなく言い放つ時代錯誤も甚だしいキザ男であり、多分に漫画チックではあるが、取り上げられるシノギ自体は非常にリアル。

ま現在どのような人たちがヤクザに狙われやすく、どのような仕組みでミカジメ料が徴収され、どのような組織構造で動いているのか……といったメカニズムが詳細につづられる。

実は原作の山田一文は闇社会ジャーナリストとして活躍中であり、“現場の事情”や“直近の事件”などを噛み砕いてストーリーに織り込んでいるのだ。

シノギゴロシの華麗な喧嘩を楽しむだけでなく、よからぬ連中のワナにハマらないための教科書にもなる逸品である

『シノギゴロシ~闇稼業仕置人~』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

自己責任論と向き合う新人ケースワーカーが福祉の最前線に立つ‐‐ 第19位‐‐健康で文化的な最低限度の生活

「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」(日本国憲法第25条第1項)。夕刻のニュースなので生活保護の不正受給問題が取りざたされることも多く、「国や自治体の財政を圧迫する」とネット上でもさまざまな議論が繰り広げられている。本作は、そんな生活保護を取り扱う福祉事務所が舞台だ。

都内の区役所に就職し、福祉事務所生活課に配属された義経えみる。他人の顔色をうかがうということがよくわからず、空気の読めない性格の彼女は、新人ケースワーカーとして苦悩しながらも、さまざまな事情を抱えた人々の対応に追われていく。

生きる努力をしている人々の、命を守る最後の砦となるべき生活保護。ギリギリで生活をしている彼らの感情はすさみ、キツい言葉を浴びせかけられながらも、それぞれのケースに向き合うえみるの姿を通して、「最低限度の生活」の現状が浮き彫りになっていく。
明日は我が身。生活保護制度について、いちどしっかり考えてみるためにも必読の書だ。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング20位。全体で1778位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は23位。総合1406位

『健康で文化的な最低限度の生活』がランクインしているページ=ビッグ コミックス特集の注目タイトルもっと見る

『健康で文化的な最低限度の生活』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

東北姉妹のぐだぐだスローライフ‐‐ 第20位‐‐おねいも

野生の王国・山形の片田舎で暮らす、みつえ&いくみ姉妹。2人とも男っ気はゼロ。
いくみに至っては「働いたら負け」とニート生活を満喫中だ。

ちなみに彼女、夏場は裸族で暮らしている(大事なところは隠しています)。一方のみつえはマジメに働いているが、東北美人なのにバージンをこじらせ、手の届きそうなイケメン佐川男子に片想い中。

そんなこんなで、とりたてて大きな事件は起こらないが、芋煮をタヌキに強奪され、イナゴの佃煮を美容食にし、スコップをソリにして雪山を滑りまくる、そんな四季折々の東北カントリーライフが描かれる。
仕事も男もお金もないけど、じつに楽しそうだ。

作者の詩原ヒロ自身も山形出身であり、“化けものまつり”や“いづめこ人形”といったご当地ネタをバンバン放り込んでくる。

地味vsがさつな姉妹を描きながらも、ほんのり女子らしいムフフな雰囲気が漂っている点にも注目。イナゴの佃煮を眺めながらヨダレを垂らす女子の表情にドキリとさせられるとは!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング26位。全体で1925位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は24位。総合1413位

『おねいも』がランクインしているページ=モーニング漫画特集の注目タイトルもっと見る

『おねいも』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

若くして成功したジャンプ作家の天国と地獄を、実の娘が壮絶に描く!!!‐‐ 第21位‐‐ど根性ガエルの娘

ど根性ガエル』の大ヒットで若くして成功したジャンプ作家・吉沢やすみ。そんな彼の天国と地獄を同じくマンガ家となった娘・大月悠祐子が描く。

漫画が描けなくなり、ギャンブルに逃げた吉沢と、彼に振り回される妻と娘と息子。吉沢は億単位の貯金を湯水のように使い果たし、ついには子どもたちの財布にまで手を出すほどに成り下がっていく。

その凄絶な日々の果てに何が待ち受けるのか、読者はページを繰りつつドキドキしながら話を追っていくのだ。

テレビ番組などでもたびたび吉沢の波瀾万丈な半生は取り上げられているが、CM版権やパチンコメーカーとのタイアップで経済的に安定し、今ではギャンブルもほどほどに孫を可愛がる好々爺として心穏やかに過ごしている……というハッピーエンドが常であった。

もちろん、それも現実にあったことなのだろう。第2巻の終盤では孫が出来てから吉沢の生活が健康的になり、大月が夢に見た家族団らんも実現している。だがしかし、そこから先も時は流れている。残酷なまでに――。

3巻では徐々にエピソードがメタ構造になっていき、1・2巻で語られた内容が別の表情を帯びてくる。

“家族の再生ストーリー”という感動コンセプトありきで立ちあがった作品なのに、その“ありき”がグニャグニャと歪んでいくのだ。そして、立て続けに起こる大きな事件と急展開。最後まで目が離せない。

『ど根性ガエルの娘』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

平和ボケした日本に銃口を突き付けるダークヒーローが登場‐‐ 第22位‐‐プロメテオ

戦場カメラマンとしてシリアに赴いた真壁香織は、すぐさま戦闘に巻き込まれてしまう。現地案内人のアリに助けられ一命を取り留めた彼女は、自分が乗っている車の後部座席に日本人がいることに気づいた。

その男の名は九条勇。「世界の紛争地域で使用されている武器の8割は九条が絡んでいる」と言われる武器商人だ。金さえ積めばテロリストにも武器を売る九条に衝撃を受けた香織は、彼が武器商人になった理由を確かめるため、行動をともにする——。

九条は武器商人というだけでなく、戦闘のスペシャリストでもあり、絶体絶命のピンチを幾度となく鮮やかに切り抜けていく。こうしたスケールの大きなアクションと武器商談のスリリングなかけひき、最新鋭の武器解説などが加わり重厚なストーリーが展開。

2014年に事実上の武器輸出が解禁され、2015年には安保法が成立した今だからこそ生まれた物語だ。果たして“九条”という皮肉な名を持つ男は何者なのか。「人間がいる限り戦争はなくならない。

戦争があるかぎり武器はなくならない」と言い切るダークヒーローが、平和ボケした日本に銃口を突き付ける!

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング30位。全体で2062位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は25位。総合1496位

『プロメテオ』がランクインしているページ=イブニング漫画特集の注目タイトルもっと見る

『プロメテオ』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

「立派な大人」の女30歳、ただいま迷走中!‐‐ 第23位‐‐チューネン娘。

ヤマダアイコ30歳。まだまだ見た目も気持ちも若いけど、世間的にはいい大人であり、そろそろ中年という恐ろしい2文字が迫ってくる季節。

そんな女の境界線にいるアイコは、いまだ独身。彼氏はいるけど漫画家志望という名のほぼ無職。かといって仕事にやりがいを見出したり、将来に対する大きな目標があるわけでもない。

やがてアイコは合コンで出会ったイケメンの高給取りに見初められ、甲斐性ナッシングの彼氏を見捨てて玉の輿街道をまっしぐらに突き進むことになるのだが……。

ここからの展開は、多くのアラサー女性が常日頃から心のどこかに抱えているであろう、澱のようなものを提示していく。

「普通」ってなに? 男の好みに合わせることは必要なの?
 相手に依存することが幸せにつながるの? 

こうしたことをギャグで包みつつ、スカッとするエンディングに雪崩れ込む。

日々生きづらさを感じている大人女子たちに、ぜひとも読んで笑って明日への活力にしてほしい逸品だ。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング27位。全体で1990位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は27位。総合1518位

『チューネン娘。』がランクインしているページ=伊藤理佐特集の注目タイトルもっと見る

『チューネン娘。』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

インテリヤンキーが超難関の藝大受験に短期スパンで挑む!‐‐ 第24位‐‐ブルーピリオド

矢口八虎は遊びも勉強もそつなくこなし、充実した高校生活を送っている。
だが、ふとした瞬間に空しさを感じることも多かった。

そんなある日、たまたま美術室で見かけた一枚の絵に心を奪われた彼は、美術の授業で出された「私の好きな風景」というテーマを受けて、早朝の渋谷を「青」で表現。ヘタクソながら一生懸命完成させたその水彩画が、彼の運命を大きく変えていく。

なんでも器用にこなす少年が、突然絵の面白さに目覚め、美大受験を決意するまでの導入がとにかく熱い! 仲間とバカ騒ぎしながら青春を消化する毎日はそれなりに楽しいが、そこにはなんの手応えもない。

拙いながらも自分の感性で描きあげた絵を悪友たちがアレコレと評してくれたとき、初めてちゃんとコミュニケーションがとれた気がして八虎が涙ぐむ姿は、大人の読者にとっても胸に迫るはずだ。

八虎が両親の経済状況を考慮して日本唯一の国立美大=東京藝術大学1本に絞るところもポイント。2浪3浪当たり前の超難関=藝大・絵画科に高2の夏から素人が現役合格を目指すなんて本来はあり得ない話だが、もともと努力家で要領のいい八虎がグングンと力をつけていく様は「ひょっとしたら?」とワクワクする。

「好きなことに人生のウエイトを置き、努力をする」。シンプルかつ最強の考え方で突き進む八虎が、最高にかっこいい。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング29位。全体で2027位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は28位。総合1552位

『ブルーピリオド』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

広告

現代から比べると昔の同棲はこんなにも濃厚で重かった‐‐ 第25位‐‐同棲時代

広告会社勤務の今日子と、イラストレーターの次郎。
初めてデートをした夜から3日後、同じ屋根の下で暮らし始めた。
気軽な同棲の始まりだった。

1970年代に若者の間で人気に火が付き、「同棲」を流行語&社会現象にまでした昭和の大ヒットマンガ。

狭い一間のアパートで自由な愛と性の日々を満喫しながらも、心の奥底ではそれぞれ不安を抱える恋人たちの姿がねっとりと色気のある線で描き出される。

現代から比べると昔の同棲はこんなにも濃厚で重かったことがわかる。
真剣だったとも言える。
とは言え、40年の歳月を経ても変わらないのが男と女の関係。

愛するがゆえに身動きがとれなく二人の姿がなんともせつない。
要所要所の文学的な表現がこの時代の大人の漫画らしさを出していて、この時代の若い世代の気持を掴んであろうことが感じとれる。

重苦しい展開の果ての悲惨なラストは一度読んだら忘れられない。
名作であることは間違いない。

  • この作品は大人漫画おすすめ漫画の読みたいランキング31位。全体で2070位
  • 評価スタンプ・レビュー・星の数によるみんなの読みたい順位は29位。総合1560位

『同棲時代』がランクインしているページ=復刊ドットコム特集の注目タイトルもっと見る

『同棲時代』がランクインしている他の特集ページでもっと漫画をワクワク探す

  • 読みたい
    コメントを投稿する

  • どっち
  • 読みたい
    コメントを投稿する

大人漫画もっと見る
大人漫画おすすめをジャンル別、完結済、巻数、電子書籍で絞り込む ↑ 次のページ>> 大人漫画おすすめ34作!その展開はリアルで断然読み応えが深いのおすすめランキング順 26位以降もっと見る

もっと読みたい!大人漫画おすすめの関連記事一覧

広告

漫画好きに人気!タブレット比較情報

口コミ漫画カテゴリ75から探す

もっと見る 閉じる

コメントを投稿する

コメントを投稿する